羽越本線高速化・新幹線整備促進新潟地区同盟会

きりひらけ!新たな高速のステージへ

羽越本線高速化

 白新線・羽越本線の高速化方策については、国が平成11〜12年度に「ミニ新幹線化」と「フリーゲージトレイン化」の手法について調査を行い、概括的な事業費と課題等が明らかにされました。
 その後、新潟県・山形県による検討委員会で「白新線・羽越本線、高速化・新幹線直通運転化調査」を行い、平成19年度に「新潟駅同一ホーム乗換えを含む在来線高速化改良方式」が最も優位であるとの方向性を示しました。
 この結果を受け、新潟市は、新潟駅連続立体交差事業の都市計画変更手続きを行い、新潟駅同一ホーム乗換えの事業化を図り、新潟県と事業者の協力のもと、整備を行っております。
 今後は、在来線を改良して時間短縮を図る在来線高速化について、さらに促進していきます。
1.在来線高速化の手法
 実現性の高いものから段階的に導入していくのが効果的であるため,当面の間,在来線の高速化について重点的に促進していきます。
(1)上越新幹線と羽越本線の乗り継ぎ利便性の向上
 新潟駅での同一ホーム乗り換え(事業化が決定しました)
(2)駅構内の改良
(3)線形改良
(4)線路の強化
(5)新型車両の導入
(6)未稼働施設の活用
2.その他の高速化の手法
(1)新幹線直通化の手法
 新幹線と在来線では、線路(軌道)の幅が違います。
 新幹線  1435mm(標準軌、フル規格)
 在来線  1067mm(狭軌)
 また、車両の幅も新幹線のほうが広くなっています。 このため、フル規格の新幹線の車両は在来線を走行することはできません。
 現在考えられる新幹線直通化の手法としては、次の2種類があります。